建築設計・監理

アクセス都市設計は、各種の実績を持つ専門分野技術者を有する「総合設計事務所」です。時代の変化をつかみ、各専門分野のノウハウを総合的に活かしてお客様の資産価値の相対的向上に取り組みます。

数多くの経験から得た高いデザイン力と技術力によってベストな「環境」建築設計や、ライフスタイルを見据えたマネジメントなどお客様の大切な資産により高い付加価値のあるデザインを提案し、工事監理を経て完成に至るまで各種専門分野の技術者が強力なチームワーク体制で品質確保に努めます。

都市計画・都市デザイン・開発許可

都市計画は人々の生活のあり方に深く関係する重要な分野です。
アクセス都市設計は都市計画における複雑な開発許認可関係の問題も、高度な専門性をもって、様々な条件や制約の中で具体的な都市空間像や生活像を示し、都市・地域・地区・街区の計画づくりを担います。

又、戦後の高度成長下で建設された大量の集合住宅が更新時期を迎えている現在、リノベーションの分野においても、最新の情報・技術でお客様のライフスタイルに合わせた提案をさせていただきます。

集合住宅施設プロデュース

賃貸マンション

常に人気があり喜んでいただけるマンションとは、立地条件もさることながら、いかに良い建物であるかが一番重要であると考えます。デザイン性・品質・耐久性等に優れ、オーナー様の負担が最小限に抑えられる様、税金対策・借地借家問題・融資手続き・コストプランニング・施工会社の選定まで総合企画・設計し、建物を提案いたします。

分譲マンション

当社は大手デベロッパーから地元デベロッパーまで数多くの分譲マンションの設計をさせていただき、様々なニーズに対応してきました。今後ますますエンドユーザーの要求は高くなり、数多くある物件の中から選ばれる時代へと突入していくものと思われます。エンドユーザーに選んでいただける建物を提供すべく常に一歩先を見据え、安心して快適な生活が出来る居住空間を設計していきます。

シニアマンション

少子高齢化社会の今、高齢健常者の為の住まいがまだまだ不足しています。当社は集合住宅の設計を数多く手がけ培ってきたノウハウやスキルを活かし、高齢健常者の方が自立し安心して生活出来るバリアフリーマンションの提案を行います。

オフィス・商業施設プロデュース

オフィスビル

情報システム・設備等がめまぐるしく日々進化する中で、オフィスビルに求められるものは、10年先、20年先の将来に対応出来る可変性を有した建物であるかという事です。またエコで快適な作業空間である事も重要であると考えます。これらの要求を満たすために当社では常に情報収集を行い、様々なブレーンを最大限活用し、時代を先取りしたオフィスビルを提案します。

商業ビル

商業ビルと一言で言っても多種多様なジャンル・業態があり、求められるニーズや戦略も施設によって異なります。それらに柔軟に対応し、幅広い視野を持ち、デザイン性、収益性、機能性を兼ね備えた地域に根付くシンボリックな施設を計画していきます。

店舗デザイン

魅力ある店舗づくりには、競合店のリサーチをはじめ、様々な地域・他業種の店舗に足を運んで流行を敏感に感じ、かつお客様のリアルなニーズを把握することが重要です。また購買意欲をかきたてる導線計画や人々の五感にダイレクトに訴求できるディスプレイ計画を綿密に行うことも集客最大化への貢献には必要な項目です。「お客様の満足」と「オーナー様の事業繁栄」を追求した空間プロデュースを創造していきます。

医療・福祉施設プロデュース

医療

医療施設の空間デザインには、患者への「安心・快適」イメージの訴求と治療の安全性・機能性の追求が求められます。また診療項目や運営方針などによりゾーニングやレイアウトが異なります。多様な要求に応える為、オーナー・運営者様との濃密な打合せを行い、時には専門的な業務について教えていただきながら設計を進めます。

老人ホーム

我が国に於いて5人に一人が65歳以上の高齢者であり、今後ますます高齢化が進む状況である事は間違いありません。高齢者を支える環境が不十分な昨今、施設の増加を社会から強く求められております。一つでも多くの安心してすこやかに暮らせる施設を提案していきたいと考えております。

デイサービス

デイサービスは、高齢者が介護サービスを受けながら、気軽に集えるコミュニティとして重要な施設です。地域によって完成度の高い充実した施設と居心地の悪そうな施設との格差が非常に多く見受けられます。このような格差を極力なくすべく企画の段階からサポートし、一人でも多くの高齢者の方が、快適で豊かな時間を過ごせる施設づくりを提案します。

プロジェクトマネジメント

PM

プロジェクトの企画構想は綿密な事業計画と資金計画の裏付があって初めて現実的な意味を持ちます。事業計画は企画構想のイメージを事業という視点から再構築するものであり、市場分析からの需要予測,事業化戦略の構築事業費の予測と収支計算などから、事業の成立性と課題を明確にするものです。そして多方面から評価され、資金調達等に直結するものとなる為単に書類を作成するだけでなく、検証を重ねて事業自体の最適化を追求する事が重要です。

相続税対策

相続税対策の土地活用について単に所有する個別の土地の利用や、小手先の節税対策をしていたのでは、本当に有効な土地活用は出来ません。そこで私達は目的の明確化とともに、未利用地は勿論、自用地、借地、底地を含めた皆様のすべての資産をあらゆる角度から調査・分析します。資産全体を長期的に充分に把握した上ではじめて、土地活用に向けたプランの検証に入ることが重要であると考えます。

等価交換

等価交換は地権者所有の土地上にデベロッパーが建物(マンション等)を建設し地権者所有の土地の全部又は一部をデベロッパーに売却していただき、その土地相当額の専有床面積(マンション住戸等)を取得していただきます。土地は共有となり建物は区分所有となります。事業計画・事業進行自体はデベロッパーが主体になって行っていくので地権者の建設に伴う費用及び労力がほとんど不要である資産活用であり、土地の状況・地権者の考え方等を吟味し、状況に応じてこのような提案もしていきたいと考えております。